冠婚葬祭の葬式の費用というのは、かなりかかることがあります。意外と様々な費用が嵩むことになります。棺桶もありますし、花代もありますし、斎場の利用料金なども発生します。ちなみに葬式というのは、義務ではないです。

日本で義務となっているのは、あくまで火葬です。ですから、かなり安く済ませようと思えば出来るのですが、大半の人は葬儀をしています。ですから、それなりの金額を用意しておく必要があります。はっきりいって、そんなに平均値が重要なデータではなく、分限を守る必要性があります。

冠婚葬祭というのは、どうしてもお金がかかることになりますから、事前にしっかりと貯めておくべきです。葬式の費用で意外とお金がかかるのが、なんといっても食事です。参列してくれた人を食事に誘うのが一般的です。大広間なりにそれを用意しておいて、線香なり焼香なりをしてくれた人をそのまま誘います。

それはよいことではありますが、これがとても費用が嵩む原因であります。要するに香典に比べて飲み食いする金額のほうが高くなることすらあるからです。ですが、冠婚葬祭とはそうしたものであると認識しておくべきでもあります。特に葬式の場合はその傾向が強いですから、覚悟しておく必要があるわけです。

さすがに数万単位を香典に持ってきてくれた場合は問題ないですが、数千円程度であれば赤字になります。その為、礼儀としては額が低いならば辞去するのが最も賢明であるといえます。