人間いつ、どこで終わりを迎えるのかは誰にも予測が出来ず、です。それが冠婚葬祭の葬式ですが、突然迎えた終わりに、残された故人の家族は一体どうなってしまうのか、費用の事も頭にあるか残された遺族の苦悩も伺えます。結婚式と違い、葬式はいつどんな時に訪れるのかが分からない冠婚葬祭なのですが、残された家族は特に故人が高齢者だったら、ある程度は覚悟は出来るものです。後は重病と戦い続けている人がいたら、死期はいつでも覚悟を決めて望みやすいと思っています。

それに当てはまらない人の方がショックの度合いは計り知れないものです。予期せぬ事故や突然死によって、残された家族は心の整理がつかないままに、費用を見て準備しなければならず、憔悴しきっているのも目に見えています。結婚式のような祝い事と、葬式のような別れの儀式は人それぞれ気持ちがつくものから、突然の事で何もできなかった自分に苛立ちを覚えるのは致し方がないです。費用を計算しなければならず、突然の出費に戸惑うのも無理があるのは一理あります。

故人と生前お世話になった人から、兄弟だったり、色んな人に声をかけるのも故人を悼むためです。冠婚葬祭はそれぞれ違った儀式ですから、祝い事は度派手に、別れは個人の生前の意向に拠って変わります。死期が近いと分かっていると、故人は生前にエンディングノートになるものを作成して、後は残された家族が遺言通りに進めていくのも故人を報いるものになります。喪服のことならこちら