葬儀の流れは、地域や所属する宗派によって異なりますが、大まかな流れは貴下のようになります。先ず、臨終後、近親者などに一報を入れます。それと同時に肝要な事が医師から死亡診断書を受け取る事です。周囲が慌しくなるので、喪主となる人が確認する事が望ましいといえます。

喪主又は代理人は速やかに、葬儀社に連絡する必要があります。そして、寝台車が手配され、指定場所へ遺体を運搬します。それと同時に、会場の準備が行われ、ほとんどすべては葬儀社のスタッフが執り行います。この時に、葬儀の司式について確認されますが、予め菩提寺などが決まっている場合には、親族から寺院の方に連絡する必要があります。

寺院との付き合いがない場合には、担当業社から紹介される事になります。希望により、納棺の儀が執り行われ、お通夜や葬儀に備えられます。通夜の一般的流れは、住職を迎えて読経をあげてもらいます。定刻になってから焼香を行いますが、順番は、喪主・遺族・親族・一般会葬者となります。

その後、住職の法話があり、閉会となります。通夜の後は通夜ぶるまいの席が設けられますが、地域によっては省略され、代わりに「通夜返し」を渡すこともあります。葬祭や告別式は、日を改めて行われるわけですが、通夜と違ってこの時に届いた弔電などが披露されます。焼香に関しては、通夜と同様です。

通夜と違い、この場では住職の法話は無い事が一般的です。葬祭の最後には、遺族代表の挨拶と会葬への謝辞があり場合によっては会葬者の紹介がなされる事もあります。