葬儀の流れや手順もその時代に最も合ったものが生まれ、そしてさらに洗練して進化して行きます。昨今の傾向としては低予算で煩雑さをなくしたものの需要が高まっています。すべて一日で終わらせる葬儀スタイルとして登場したものを一日葬と言います。一日葬とは通夜そのものを行わずにスキップし、告別式と火葬をその日にすべて済ませるスタイルです。

遺族の方の経済的な負担が大きく軽減されるので、葬儀にかける費用をなるべく節約して医療費や今後の生活の資金にしたい場合には特に有効です。田舎の方ではまだ派手なお葬式をする方がいいとされる傾向にありますが、新しい価値観が流入・浸透しやすい都市部なら比較的一日葬も受け入れられやすいと思われます。具体的な流れですが、故人がなくなってから葬儀会社等に連絡し、遺体を安置し終わってからどのようなセレモニーにするかをつめていきます。どのような宗教で行うかや、どこで火葬するかも含めて話し合いが行われます。

一通り決まったら告別式の日取りを親族や知人などに連絡します。その後で納棺をしてしまい、後は告別式の後で親族たちがその場にいる機会をそのまま利用して初七日の法要まで済ませ、最後に火葬するという流れになります。一日ですべてやってしまうので忙しく見えますが、実際にやってみると決して無理のあるものではありませんし、休憩は火葬からお骨上げの間の時間がありますから、ここで食事なども行ってしまいます。