誰かが亡くなった時に執り行われる「葬儀」ですが、単にお通夜やお葬式、告別式のことだけを指すのではありません。葬儀は、自分の家族や身近の人が亡くなった時から始まっています。ここでは、一般的にどのような流れで葬儀が執り行われるのかを解説していきます。まず、現代では病院のベッドの上で「臨終」を迎えるケースがほとんどです。

病院で亡くなった場合は、担当の医師によって正式に死亡が宣告されます。この宣告がない限り、正式に「死亡」とは認められないため注意が必要です。医師の宣告があった後は、「末期(まつご)の水」と呼ばれる儀礼を行います。これは、亡くなった人の唇を潤すもので、亡くなった直後に行われます。

その後、看護師などによって「エンゼルケア」が行われます。エンゼルケアは、湯灌(ゆかん)、身繕い、そして死化粧の流れで行われます。その後、遺体が自宅などの安置場所に搬送されます。もし、自宅が狭い、近隣の人に迷惑がかかるなどの理由で、自宅を安置場所として使えない場合は、葬儀屋を代わりの安置場所として使うことが出来ます。

また、遺体を搬送する前に、医師に「死亡診断書」と呼ばれる書類を作成してもらわなくてはなりません。この書類は、亡くなった人が住んでいた自治体に「死亡届」を提出する際にも必要であるため、忘れずに作成してもらいましょう。遺体を無事安置場所まで搬送したら、お通夜やお葬式、告別式の準備に入ります。これが、大まかな葬儀の流れです。