家族の死は、どんな場合でも悲しく辛いものです。しかし、そんな状況でもすぐにやるべきことは山積しています。その中でも、大きな行事が葬儀になります。悲しみの中、わからないことが多い中、混乱した状況の中すすめられて行きます。

流れとしては、まず場所を決めることが第一になります。昔のように、自宅ですることは少なくなり、今はホールを貸し切ることが手軽にできます。このホールを、選択すると同時に葬儀会社も決まることになります。出来れば、わかりやすいアクセスがいいところが参列者や親戚には便利です。

ホールが、決まるとどんな形式でするのかプランを選択します。プランが決まると、後はお任せができる流れになります。遺族側がすることは、僧侶に連絡することや親しい友人などにも連絡をしておきます。流れとして、先にお通夜があります。

この時は、一晩故人に付き添うことになり、祭壇のお線香を途切れることなく付けておきます。翌日には、葬儀がありその前に弔電の読む順番やお焼香をする順番を決めます。そして、式の前には僧侶のところに挨拶をしておくことです。流れとしては、式が終わると最後のお別れがあり棺に故人の好きな物やお花を入れてお別れをします。

この後、出棺がありそのまま火葬場へいくことになります。葬儀は、この時点で終了です。ほとんどの流れは担当者が、上手く指示をしてくれます。その指示通り、遺族は動くことで滞りなく、安心してできます。