葬儀の流れは、まず始めに医師による死亡診断書の作成と、故人の家族や親族に死亡を知らせます。それ以外の人には、日程が決まってから知らせましょう。次に、遺族で相談することがあります。それは、喪主と葬式を行う場所と遺体の搬送先と葬儀社と寺への連絡と葬式の日程と流れを決めることです。

喪主は一般的には、配偶者か長男が執り行うことになります。葬式を行う場所は、自宅や葬祭場やお寺やホテルなどが候補になります。病院で亡くなった場合には、遺体の搬送先も決めておく必要があります。遺体の搬送先は一般的には、自宅か斎場になります。

葬儀社については生前に決めておくとスムーズに進みます。また、遺体の搬送を行っている会社もありますので、搬送と前後する場合もあります。斎場を保有する会社であれば遺体の保管サービスを行っているところもありますので、事前に調べておくと良いでしょう。寺への連絡は、わからなければ依頼した会社に伝えて任せておけば手配してくれます。

御通夜などの日程は依頼した会社や寺と相談して決めます。当日は、会葬者をお迎えする受付が丁重にお迎えします。次に葬儀の一般的な流れは、開式から始まって僧侶による読経から弔辞などをいただき、焼香を遺族から始めて親族と一般会葬者と順番い行います。その後、僧侶の退出と遺族代表挨拶で会葬者に謝辞を行います。

葬式は急なできごとになりがちですので、頭が混乱して思うように行動できないということもあります。そのため、生前に決めなければならないことや葬儀の流れを決めておくとスムーズに進められます。基本的には、葬式を依頼した会社と相談して進めますので信頼できる会社を選びましょう。喪服のことならこちら