海に散骨するという自然葬を選ぶ人も少なくありません。遺族が故人の要望に応じて、自分たちだけですべてを行なうこともできますが、しかしそれが難しいこともあります。そのような場合散骨業者を利用することができます。では、散骨業者を利用して自然葬を行う場合、どのような手順になるのでしょうか。

最初に行わなければならないことは遺骨を粉々に砕いておくことです。遺族が自分たちだけで行うこともできますが、業者が引き受ける場合もあります。しかし、行なう業者もあれば行わない業者もあります。事前に確認しておくことができます。

散骨業者であるならば、船を所有しています。その船に乗って散骨場所まで移動することになります。しかし、散骨業者が行なう散骨にはガイドラインがあり、散骨先までの距離が定められていることが多いです。そのガイドラインに沿って散骨のためのプランを立てます。

散骨する場所に到着したならば、実際に散骨という自然葬を行ないます。どのようにその散骨を行ったら良いのかと考える人もいます。いろいろな方法があります。例えば、亡くなった人が好きだった音楽をかけることもできます。

献杯するというプランを立てる人たちもいます。散骨が終わったならば港に戻ってくることになりますが、下船のする際に散骨したということを証明する書類を渡す業者もいます。これが基本的な散骨業者を利用した場合の手順になります。他にも故人の意向に従って行ないたいと考えていることがあるならば、事前に散骨業者に相談することができます。