葬儀は突然やってくる場合がほとんどのため、マナーを知っておく必要があります。特に服装マナーにおいては、ご遺族や他の参列者に失礼にならないよう、基本をきちんと知っておきましょう。喪服は喪に服しているという意味の服装です。正式喪服は、モーニングや和装で遺族が着用するものです。

略式喪服はブラックスーツ、ブラックフォーマルと呼ばれるものです。参列する側の場合は、遺族よりも格式が高くならないように略式喪服で参列します。通夜に参列する場合は、急な場合もあるためダークグレーや濃い紺色などのスーツやワンピースが認められますが、急ぎでない場合は、葬儀、告別式と同じように略式喪服、ブラックフォーマルを着用するのがおすすめです。葬儀、告別式の場合は、基本的にはブラックフォーマルを着用します。

男性は白シャツに黒いネクタイ、女性は黒ワンピースまたは黒のスーツ、ストッキングも黒を使用します。靴も色は黒、エナメルのような光るタイプは避けましょう。飾りのないものがおすすめです。また、肌の露出度の高い服装は避けます。

冬場はコートを会場の外で脱ぐのがおすすめですが、屋外で焼香などが行われる場合は着用しても問題ありません。ただし、毛皮など革製品は殺生を意味し、年配の方は特にマナー違反と感じることが多いので、マフラーや手袋などを含めて着用を避けるのがおすすめです。アクセサリー類は、男性の場合、金など光るタイプの時計やネクタイピンなどは避け、結婚指輪程度にするのが一般的です。女性は結婚指輪やパールのネックレス程度に抑え、髪も黒ゴムなどでシンプルにまとめ清楚な様相にしましょう。