昨今終活という言葉が流行するなど、最後のあり方について考えることがブームとなっています。かつての葬儀といえば、かなりの準備が必要で参加人数も多く、当然それに伴い費用も多くかかりました。さらにお墓となると維持するのに費用も手間もかかるため、残された親族にとって重荷になるケースも出ています。しかし最近ではお別れ会や家族葬、直葬などが人気があり、お墓に関してもお寺ではなく霊園に作ったり、お墓そのものを作らずに納骨堂を利用するという選択肢も出てきました。

またその中でもとくに注目度が高まり、人気があるのが自然葬です。自然葬はその名の通り、遺骨を自然に還すという埋葬方法です。日本ではおもに海洋葬や樹木葬が一般的で、海洋葬の場合は遺骨を粉末にして、クルーザーなどで散骨するエリアに移動し、海へ散骨するというものです。この際、遺骨の粉末が風で舞い上がらないように、水に溶ける小さな包みに入れて撒くことが多いようです。

そして樹木葬は、行政の許可を得た霊園内などに埋葬するのですが、墓石はなくて代わりに樹木の下や周囲に埋葬する方法です。この方法では、個人だけのお墓という意味ではなく、周囲にたくさんの遺骨が埋葬されるケースが多いようで、そういった仲間を墓友と呼ぶこともあるようです。このように自然葬は、自然に還ることがモットーとされた方法で、納骨堂やお墓を利用するよりは費用も抑えることが可能で、後の手入れなども必要ないというメリットもあります。