人は、いつかは死を迎えます。そして、死んでしまったら、先祖代々が眠るお墓に入るのが当たり前でした。先祖が眠るお墓に埋葬されることで、子供や孫など子孫が永久的に供養をしてくれるという安心感がありました。ところが、現在は、生涯結婚をしないで独身で過ごす方や少子化の影響で子供がいてもお墓を守り続けることが不可能な方が増えています。

また、自分の死後、どうしたいかという希望を言うことができる時代になりました。特に多いのが、家や宗教などに死んだ後も縛られたくないという考えです。先祖代々のお墓に入るのではなく、自分が好きな場所で好きな人と一緒のお墓に入りたいという方が増加しています。そして、お墓に関しても、従来の墓石を作って埋葬するものから、自然葬といって、花や木などを墓石の代わりにして埋葬するものに注目が集まっています。

自然葬は、墓石などがなく、自然の中に埋葬します。そのため、お墓を作ることにより自然破壊をしてしまうということを防ぐことができます。また墓石がないために、従来のお墓を購入するよりも安い値段で購入することができます。そのうえ、お墓を守ってくれる人がいなくても、永代的に供養をしてもらうことが可能です。

ですから、子供や身内などがいない方、そして、もしいたとしても、死後は、迷惑をかけたくない方に適した埋葬方法です。そして、自分の好きな人と一緒に埋葬してもらえるというのも特徴です。自分がかわいがっていたペットや血縁ではないけど大事な友人と一緒に埋葬できるものもあります。生前に相談できるので、自然葬をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。