最近の著しい社会情勢の変化や、生活をしている人たちの意識が家というものから個人が中心となる価値観にと変化していく中で、今までの葬送の仕方を見直して、自分自身の死後は自分で決定したいという人が増えてきました。お墓が無縁になってしまうというのもよく耳にします。墓を守っていくのが重荷になってきていることにも、見直すことにつながっている場合もあります。そうした、生活環境の変化や個人の意思の尊重などが大きくなり、散骨、自然葬などが社会的にも認められてきています。

自然葬は自然に還りたいという個人の思いを叶えて遺骨の全部とか、または一部を海や山に還すことなのです。以前は自然葬として散骨することが、刑法に触れるのではないかと思われてきたのですが、その法律の範囲外に自然葬の散骨があるので違法なものとはならないことが公式見解として出されたのです。遺骨を海や山に撒くというのを葬送のために節度を持って行うことは違法行為にはならないのです。節度を持ってと言われるように、他人に迷惑をかけない事がとても大切なことなのです。

自然葬を望む人たちの考え方には、身寄りがなく、お墓を守る人がいなくなってきた。家というより個人中心の考え方が強くなってきた。自分が死んだ後に遺族に迷惑をかけたくない。または無宗教なのでお墓というのにこだわりがない。

などのいろいろな理由で散骨を望まれる方が増えてきたのです。散骨をする、海や山が家族にとってのお墓になるのです。ブラックフォーマルのことならこちら