最近では生前のうちに死後の埋葬方法を決めている方が多くなりました。そのような中で注目を浴びているのが自然葬という埋葬方法です。これは自然の中に遺骨を還す方法で、墓石を作らないのが大きな特徴です。例えば、遺骨を細かく砕いて海に散骨する方法や、樹木を墓石の代わりに墓碑とする樹木葬などがこれに当てはまり、近年では日本でも大分浸透してきました。

その最大のメリットは墓石という人工物を作らないので、環境にとても優しいという事です。世界各国で環境問題に取り組む中、葬儀業界でも自然葬を推進するようになりました。また、前述の樹木葬では植林をするので、森林の育成にも繋がります。お墓が要らないというのは他にも大きな利点があります。

特に日本では少子高齢化や核家族化が進み、先祖を供養する後継者がいない、あるいは少ないという状況も多々あります。しかし、お墓を継承する必要が無い自然葬にはその心配もありません。家族にも、世間にも優しい埋葬方法なのです。ところが世界では認められていても、自然葬の種類によっては日本の法律に抵触する可能性があります。

例えば、チベット仏教やゾロアスター教で行われる鳥葬は死体を刻み、鳥類に食べさせるというものなので、捉え方によっては残酷とも言えます。しかし、これは人間が生前生きる為に多くの殺生をした為、死後の肉体は他の生き物に捧げようという考えに基づくので、決して野蛮な思想ではありません。国や地域によって自然葬の決まりは様々です。行う際は事前確認をしっかりしてからにしましょう。