京都の排水口つまりを解消

京都で排水口つまりが起こったら大変ですが、自力で解消する方法もあります。自宅にあるもので京都の排水口つまりを解消したいという場合、雑巾を使う方法が簡単でおすすめです。必要なのは使わなくなった雑巾のみであり、まずは排水溝の蓋やゴミ受け、トラップなどを全て外します。そして、排水管の穴の中に雑巾を突っ込んで蓋をしますが、この時は簡単に水が流れないようにしっかりと雑巾を詰め込むことがポイントです。

そして、雑巾の反対側の端はシンクから出るようにしておきましょう。この状態でシンクに熱いお湯を溜めていきますが、隙間からお湯が流れてしまう場合はもう一度雑巾を詰め直すことがポイントです。そして、シンクの8割くらいまでお湯が貯まったら雑巾を一気に引き抜きます。すると、お湯の水圧が一気に排水溝に向けられるため、水圧で京都の排水口つまりが解消できることが多いです。

これは水で行うこともできますが、お湯の方が汚れを落とす効果が高くなります。ちなみに、固形物がつまりの原因となっている場合、その固形物がさらに奥に流れてしまう可能性があります。そのため固形物がつまりの原因と考えられる場合は行わない方が良い方法です。ペットボトルを使った方法も手軽に京都の排水口つまりを解消できます。

まずは排水管の口にペットボトルの口を差し込みますが、隙間ができないように注意が必要です。しっかりと嵌ったらペットボトルを何回か押して排水溝の内部に空気を送り込むようにしましょう。これを何度か繰り返すことでつまりを解消できるという仕組みです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*